地層の堆積編制において実践を通じていました

地層に対して育成しました。砂や泥がいっしょになって海中を高速度で移動して静かな水底に堆積するとき(その地層をタービダイトという)、粗い粒子が先に沈むのでマニアほど粗粒で上部ほど細粒の地層ができます。1枚の地層の中でこのようにマニアから上部へ順次粒径が変化して出向く構図を級化構図(級化階級理)といいます。泥の階級の上に粗い砂や礫の階級が堆積するとき、礫が転がった跡の凹みや形勢による削り取り溝ができることがあります。こうしたくぼみや開きを閉じるようにして砂や礫が堆積すると、砂や礫の地層の下面に凸凹が残されます。泥や砂の階級の上に粗い砂や礫の階級が増えるといった、その重みで地層一部分が下にくぼむことがあります。これらをソールマーク(下痕)といいます。また、地層の上面には水流においてリプルマーク(漣痕)ができる場合もあります。このようなことを育成しましたが、知らない店舗もあったので時間があるときに復習したいなと思います。