相撲取りの大阪出身の豪栄道が角番で初優勝。

昨日は嬉しいことがありました。我らが大阪府出身の豪栄道が角番で初優勝をしました。今場所は白鵬不在で行われ、これは日本人の優勝のチャンスだと誰もが思っていたと思います。しかし、期待された稀勢の里が初日で砂をつけられるという情けないことになってしまいました。これは、今場所は日馬富士か鶴竜のモンゴル勢が優勝かと思いましたが、今場所の豪栄道は角番のせいか顔つきか違いました。土俵際でも粘り強く、相手の当たりに負けず、素晴らしい相撲が多かったです。なによりも日馬富士との一戦は土俵際まで追い詰められた豪栄道の上手投げは素晴らしかった、久しぶりに震えました。相撲を取る前の睨み合いも日馬富士に劣らず、様になっていました。撲はモンゴル出身の人が増え、これまた強いのでなかなか日本人は優勝できなかったのですが、最近はよく優勝していますね。相撲取り最強の白鵬もそろそろ陰りが見えてきたのでしょうか。このまま来場所も優勝して豪栄道には横綱まで昇ってきてほしいです。キレイモ 9500